VIOのムダ毛処理は専門家にお任せするのが一番

VIOのムダ毛処理はとてもデリケートな場所なので注意が必要です。
気になる時にお手入れをしないといけないのはわかっていても人に見せるのは恥ずかしいし自分で何とかしたいっていうのが本音ですよね。
自己処理で一番多いとされているのはシェービングだといいます。
間違ったケアは肌を痛めるだけでなく、危険性も伴います。
肌は粘膜にも近いことや下手したら雑菌が繁殖してしまう可能性があります。
肌を傷つけずにお手入れをすることが大切です。

自分でお手入れってどこまで出来るの?

Vライン程度なら自分で脱毛することも出来ます。
IラインやOラインは一人でお手入れするのは簡単ではありません。
場所的に剃りにくいのもありますが剃る時に見えないことや、デリケートゾーンの為あまりおすすめ出来ません。それでもどうしてもやりたい場合はデメリットを知ったうえで、
方法をしっかり選ぶようにしましょう。誤った方法がトラブルの原因になる可能性があります。

VIOラインの自己処理のやり方って?除毛クリームってどうなの?

やり方としては家庭用のフラッシュ脱毛器などを使用する方法です。
根本的な原理は脱毛サロンと同じなので自己処理で脱毛するのも難しいことはないと思います。他にも除毛クリームを使う人もいますが、除毛クリームはあまりおすすめできません。
デリケートゾーンは他の部位に比べて毛が太いので脱毛クリームでは処理がしづらいのです。ちゃんと脱毛できるものを選ばないと意味がありません。
また、合わないクリームを使用してしまうと肌荒れが起こる可能性があります。
どうしても除毛クリームを使う場合は事前のパッチテストをきちんと行うこと、広範囲ではなくて狭い範囲のみ試してみるようにしましょう。

VIOラインを抜くお手入れってどうなの?

抜くパターンもありますが抜くのは絶対に止めましょう。
肌へのダメージの負担が大きく抜いたところから雑菌が入り炎症してしまうことや、埋没毛になってしまうのでやめた方がいいでしょう。他にも毛穴が広がってしまったり、腫れてしまうこともありデメリットがたくさんあります。
抜くのであれば、まだ切る方がマシでしょう。デリケートゾーンを切る時の注意点としては、
切った後はチクチクした毛が生えているのでそれが刺激になってしまいかゆみがでてしまうことや、短い毛が下着から出てきてしまうので見た目の問題でしょうか?
はさみなどを使うときは上記に気を付ければいいのですが、焼き切るヒートカッターなどを使うときは火傷などには充分に気を付けましょう。

VIOラインのお手入れは専門家に任せましょう

VIOラインのケアは出来るだけ専門家に任せるのが賢明です。
1回で済むことではありませんし、定期的に通う必要があること、自己処理だとどうしても見た目がキレイにできなかったりしてトラブルの原因となってしまいます。
それでは折角くお手入れしても逆効果になってしまいます。
Vラインは自分で出来るといっても脱毛サロンで頼んだ方が賢明であることは間違いありません。サロンを選ぶ基準はホームページなどで口コミを確認しておきましょう。
定額制で通い始めてからサロンの雰囲気が合わなかったなどのことが内容に体験メニューを最初に受けるのも手です。何度も通うところだからこそしっかり選んで安心して施術を受けたいものです。

いかがでしたでしょうか?女性にとって勇気のいる脱毛の場所ですが男性のアンケート調査でもVIOラインは毛が少ない方が好きと言っている人も多いのが現実です。
勇気を出して脱毛サロンに通い高いお金を出すのですが妥協などはせずにしっかり選びましょう。また、スタッフさんも何でも相談できるような素敵な人に出会えたらいいですよね。