クレジットカード現金化は失敗をすることもあるの?

借入をしなくても、必要な現金を手にできることで人気のクレジットカード現金化ですが、やり方によっては失敗をすることもあるものです。

どんな場合に失敗をしてしまうのか、失敗を防ぐにはどうすれば良いか簡単に説明していきましょう。

クレジットカード現金化の失敗とは?

クレジットカード現金化で失敗となるのは、必要な現金を手にできない状態です。

手続きの際にクレジットカード現金化の専門業者を使えば失敗はないと考える人もいますが、手続きの進め方に問題があれば契約が完了しない可能性があります。

クレジットカード現金化では利用可能枠が必要

クレジットカード現金化失敗の原因の一つが、利用可能枠不足です。

専門業者を使った現金化の場合、カード払いで指定された商品を購入する必要があります。

購入するアイテムの代金は、必要とする金額によって変わる形となります。

ショッピング枠が充分に残っているカードであれば、問題なく購入手続きを済ませ、業者からの現金振り込みを待つことができるでしょう。

しかし、購入をするアイテムの代金よりも利用可能枠が少ない場合は購入手続きを完了させることができません。

安心してクレジットカード現金化の手続きを進めたい、確実に現金を手にしたいという場合は、現金化の申し込みをする前に利用可能枠の確認をしておくことがおすすめです。

商品の受け取り拒否によって起こる失敗

クレジットカード現金化の手続きは、現金を受け取った時点ではまだ完了していないことが多いものです。

メールなどで受け取れるデジタル型のアイテムであれば、その日のうちに全ての手続きが完了するでしょう。

しかし、後日アイテムが送られてくる形の現金化の場合、商品の受け取りをするまで契約が完了しません。

間違えて受け取りを拒否してしまうと契約が完了せず、業者から現金の返還を求められる可能性が生まれます。

クレジットカード現金化を成功させるためには、届いた商品を忘れずに受け取ることが大切です。

実家住まいなどの理由で自宅に商品が届くことが困る場合は、営業所留めやコンビニ受け取りという形にして貰うと良いでしょう。

【まとめ】】コツを知って賢くクレジットカード現金化を

どれだけ換金率が高い業者を選んでも、優良店にこだわっても、カードの利用可能枠が足りなかったり、商品の受け取りを拒否するなど問題があれば、現金化が失敗してしまう可能性があります。

クレジットカード現金化をスムーズに進めるためには、利用可能枠の確認をした上で手続きに進むことや、商品受け取りに関してもしっかり確認しておくなどの準備をしておくことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Previous post なんで危険?アメックスがクレジットカード現金化に向いてないと言われる理由とは?